AGA治療でAhっと驚くフサフサ頭頂部へいざ変身

治療の注意

生え際

AGA治療では内服薬を服用する必要と外服薬を用いる必要があります。内服薬にはフェナステリドが用いられ、外服薬にはミノキシジルが用いられます。フェナステリドは薄毛の進行を止める働きがあり、その間にミノキシジルが毛母細胞を活性化させて再度発毛するよう促します。連携作用が合って初めて効果が期待できるためしっかりと治療を行う時は処方された内服薬と外服薬を定められたとおり利用する必要があります。内服薬は基本的に1日1錠と決められています。フェナステリドは人によって効果が期待できる容量が決まっています。日本人であれば大抵0.2mgから1mgの間で処方されます。効果が持続する期間が決まっており、重複して服用すると危険なため一日置き、すなわち24時間毎に服用することになります。間をしっかり空ける事が大切で、タイミングは決まっていません。AGA治療は男性特有の薄毛治療に最適な治療方法です。内服薬の主成分であるフェナステリドは男性にのみ薄毛改善の効果が期待でき、女性は期待できないどころか触れるだけで非常に危険です。触れるだけでも成分が体内に吸収されることが有り、AGA治療を行う男性は内服薬の管理もしっかり行う必要があります。配偶者がいる時は間違って触ってしまわないよう注意するべきでしょう。

外服薬のミノキシジルは即効性はなく、塗ってから薬5時間程度してようやく吸収され効果を発揮します。完全に吸収されるまでは汗をかいてしまわない用気をつける必要があり、またシャワーなども控えるべきになります。1日当たり2回程度塗る事で効果を最大限に発揮することができ、汗をかかない環境の日常生活を送れる方が対象になります。最近では塗ることが出来ない方用に内服薬タイプのミノキシジルも登場してきています。AGA治療で用いるフェナステリドとミノキシジルは肝臓に大きく負担をかけます。そのため同じく肝臓に負担をかけるアルコール類は治療期間中は控えるほうがいいとされています。またミノキシジルは一時的に血圧を下げる特長もあり、アルコールとの相性は悪いです。