AGA治療でAhっと驚くフサフサ頭頂部へいざ変身

副作用の有無

悩む

薄毛治療の救世主として注目されているAGA治療は安全性が認められており、日本でも治療を行っているクリニックが年々増えてきています。AGA治療もそうですが、基本的に医薬品を利用した治療を行う上で副作用が生じないという事はまずありません。例えば市販で販売されている風邪薬等も眠気や胃もたれなどの副作用が生じることが有ります。癌治療などの場合は髪が抜けたり激しい痛みが生じることも有ります。医薬品の効果によって副作用のレベルは異なり、必ず生じるものであるという事を知っておくべきでしょう。AGA治療は内服薬と塗り薬で効果的に髪を生やすことが出来ますが、その反面で副作用も少なからず存在します。

AGA治療における副作用は内服薬の主成分であるフェナステリドによるものと言われています。代表的な副作用として性欲の減退や勃起機能の低下などがあります。必ず生じるというものではなく、人によって副作用が出るのか、否かが分かれます。副作用が出ない方はラッキーと考えていいでしょう。ですが副作用が出る方は治療の方法に少し工夫が必要です。これら副作用の有無はAGA治療時に行う精密検査などを元にある程度判別することが出来ます。この判別を元に主成分であるフェナステリドの含有量を少なくした治療薬を利用する等が医師から提案されることもあるでしょう。基本的にクリニックできちんと処方された治療薬であれば副作用が出来る限り少なくした治療を行うことができます。

フェナステリドの副作用の原因はハッキリとメカニズムが解明されていません。服用された方の薬1.8%がこの副作用に影響を受けるとされており、現在の科学的な見解では根拠がなく、外部的要因があるのではないかとも言われています。フェナステリドを含めAGA治療は活性度が高く様々な医薬品と一緒に服用することで別の影響をもたらすことも考えられます。今のところフェナステリドに変わる医薬成分は開発されていません。そのためAGA治療を行うとなるとフェナステリドを服用する必要があります。副作用は少数派ですが子孫を残すことが出来なくなる可能性もあるため治療スタートのタイミング選びは重要になってきます。